ブログ

  • TOP
  • ブログ

破砕機カッター焼入れ

最近多様な全加工依頼が多い中面白い加工依頼がありました。ファイル 2017-02-25 8 35 52

 

材質から硬度等の選択提案から始め、現在カッターの刃の部分が割れるという懸念事項がありました。

破砕機のカッターの製作依頼があり製作前から諸々と苦戦しました。

図面上ではSKでHRC57-59とSKの最高硬度までとは言いませんが中々の硬さになります。

 

◆焼入れ屋からの提案としてSCM440にて硬度HRC48-50。

製品に粘りがでて相手は紙だということで充分かと・・・

 

ソリや歪みを考慮し焼入れはソルト焼入れでのズブ焼きいれ。。。

コスト削減を考えるなら高周波にて刃の箇所を焼入れ内径、キー

溝等の後工程をなくしコストダウンへと思いました。

平面研磨は後工程で入れていかなければとは思いますが・・・

 

しかし図面は図面です。

 

結局SKにて硬度HRC57程度にて焼入れ焼き戻し。

 

焼入れ後の後工程を入れて着手!

焼入れ屋さんがリードするとコスト面も助かるかと思いますが・・・・

 

是非設計の方々現場の声を・・・・ご相談下さい。。。。。。。。。