ブログ

  • TOP
  • ブログ

高周波焼入れ 実績紹介

長さ1900㎜×幅60㎜×厚さ6㎜のレールのサイド面に高周波焼入れを行いました。
材質はS50Cさすがに曲がりが発生すると思っていましたが・・・・


図面には高周波焼入れ時に曲がりが発生するという懸念を前提に
前処理は加工前に調質と指示が入っています。
懸念事項は良くわかりますが現実は色々とノウハウがあります。


高周波焼入れでしかも板厚が薄いということなので、曲がることを前提に
曲がりの修正をしやすい方へ運ぶのも技術かと思われます。。。




ファイル 2016-09-12 17 53 00


是非高周波焼入れでお問合せしてみてください。
詳しくは、焼入れページにてご確認下さい。


TOPページへ戻る