ブログ

  • TOP
  • ブログ

こんな製品も焼入れ!

珍しい製品も焼入れさせていただきました。

本当に私たちの身近な場所に温度をかけて加熱しています。

オーステナイト、マルテンサイト…ちょっと難しいけど鋼に表面硬度を入れる・・・

面白いです。。。。

こんな製品の中に焼入れ品が入ります。
ファイル 2016-08-31 8 31 57
ファイル 2016-08-31 8 41 43
やはり表面の摩耗が早いらしいです。

御新規様、

長いおつきあい宜しくお願い致します。

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせフォーム

045-543-2813

 

TOPページに戻る

焼入れ焼戻し

SKS3Φ100×内径φ90×高さ130Lの製品。内径、外径共に公差はh7。facility_img7
加熱温度を調整しソルト焼入れ。

思っているより変形はしない・・・

皆さんならどのくらいの研磨代つけますか?

もちろん前処理や加工の仕方にもよりますが・・・

マルテンサイト~オーステナイト・・・鋼は変形が一番怖いですね。。。。。

私なら、片肉0.15㎜の指示するかも…

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせフォーム

045-543-2813

 

TOPページに戻る

パンチとダイ【youtube動画】

お気軽にお問い合わせ下さい!!

お問い合わせフォーム

 

TOPページに戻る

冷却・急冷について

冷却はとても重要な工程です。

焼入れ硬度についても、冷却が非常に重要となります。

冷却する事によって、硬度を高める事が出来ます。

また、急冷によるデメリットは、製品のひずみやゆがみ、曲りを生む可能性があります。DSC_1084

ただし、硬度は確保出来ます。

新羽金属では、品物の用途や形状によって冷却方法を変えております。

冷却方法で各社の技術に差が出ると言っても過言ではありません。

 

詳しくはお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

 

TOPページに戻る