ブログ

  • TOP
  • ブログ

ノルマ後の浸炭焼入れ

弊社では真空浸炭焼入れ処理ができる真空浸炭炉があります。切削の方法はもちろん焼入れ後の歪みに繋がってくるのは当たり前です。

板製品の場合も片方からだけ多く追い込むような加工ですと焼入れ後曲がります。やはり両面均等に加工できればなおGOODです。

 

それと同時に前加工として焼準(ノルマ)処理が出来ていれば曲がりにくいと思います。

焼入れのセット方法や曲がりにくい方法を構築し焼入れを行うのは焼入れ屋の技術だと思いますが、加工屋さんも焼入れ屋との連携によりより一層いいものを作りましょう!