ブログ

  • TOP
  • ブログ

浸炭焼入れ・・・曲がり

浸炭焼入れを行う際、必ずお客様に前処理をお願いします。。。

形状にもよりますが例えばシャフトですと荒取り後の焼準という処理を推奨します。

もちろん納期等の問題もあるので一概には言えませんが、浸炭焼入れ後の曲がりは前処理を

するしないでは違ってきます。

浸炭焼入れは通常900℃以上の温度をあげるので、前処理で900℃前後の熱い経験をさせ、応力を除去し

てから行えば曲がり具合も変わってきます。

works_32image_01

新羽金属工業では真空浸炭焼入れ、ソルト浸炭焼入れを行います。

 

TOPページへ戻る

高周波焼入れ装置~導入!

電動サーボモーター式高周波焼入れ装置を導入し「日刊工業新聞」に掲載されました。

高周波焼入れは部分的に焼入れができるので熱処理しない箇所を仕上げることができ、

 

安い安価な材料でも硬度が保てるという。S45CでHRC58程度まで硬度が出る!

深さは約1.5㎜-2.0㎜

新聞記事(新羽金属)

 

TOPページへ戻る

高周波焼入れ 実績紹介

長さ1900㎜×幅60㎜×厚さ6㎜のレールのサイド面に高周波焼入れを行いました。
材質はS50Cさすがに曲がりが発生すると思っていましたが・・・・


図面には高周波焼入れ時に曲がりが発生するという懸念を前提に
前処理は加工前に調質と指示が入っています。
懸念事項は良くわかりますが現実は色々とノウハウがあります。


高周波焼入れでしかも板厚が薄いということなので、曲がることを前提に
曲がりの修正をしやすい方へ運ぶのも技術かと思われます。。。




ファイル 2016-09-12 17 53 00


是非高周波焼入れでお問合せしてみてください。
詳しくは、焼入れページにてご確認下さい。


TOPページへ戻る

S45C焼き入れの硬度

【S45Cの焼入れの硬度について質問や疑問について】

 

S45Cと言っても実際には焼入れで硬度が出るという保証はないのかなと思います。

もちろん高周波焼入れやフレームハード、浸炭焼き入れという処理ではHRC55以上は確実だと思います。

質量効果が大きい材料だけに硬度が難しい場合があります。焼入れ工程が入っている図面が多い中

S45C、HRC45など記載してある図面に対しては必ずお客様とお話をさせて頂いております。

 

DSC_0476

 

S45Cについて、また焼入れについて一緒に勉強しませんか?加工屋さんが知識があれば尚いいと思います。

 

TOPページに戻る

 

サブゼロ処理

いつもお世話になっております。

本日は【サブゼロ処理】についてご紹介します。

 

サブゼロ処理は、鋼を焼入れした場合に存在する残留オーステナイトを-80℃前後の低温に冷却することでマルテンサイトに変態させ、硬度の均一化と増加、機械的性質の向上、寸法の安定化、着磁性の向上等を目的とした処理です。

主に真空焼入れや、真空浸炭焼入れソルト焼入れなどで使う工程の一つです。

 

CIMG0336

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

TOPページに戻る

真空焼入れとは

真空焼入れとは、真空炉の炉内を真空ポンプにより真空状態化し、製品を加熱、その後窒素ガスで
ファン冷却又は油冷却をする焼入れ方法です。
真空中で焼入れ操作が行われ、加熱後中性ガスの対流冷却や油冷却によって
焼入れをするので光輝焼入れのひとつとも考えられています。
減圧にはレベルがあり低真空、中真空、高真空、超高真空、極高真空と区別を
していきます。真空加熱した後に材質によりガス冷却や油冷却を行い完成させます。

 

詳しくは焼入れページをご確認下さい。

 

TOPページに戻る

真空炉3

真空浸炭焼入れとは

真空浸炭焼入れはエネルギー不足や環境問題の意識の高まりから将来需要が高まる真空浸炭炉を導入した焼入れ方法で、鋼に炭素を浸入させ、表面に高炭素層を作り、疲労強度耐磨耗性が要求される歯車などに多く使用されます。また従来のガス浸炭と比較し高強度の部品を短時間処理する事が出来たりと多くの優れた面を持っています。
弊社の導入した炉はアセチレンによる浸炭を実現し、特許を取得した方法で行っております。

IMG_3218

 

 

詳しくは焼入れページをご確認下さい。

 

TOPページに戻る

高周波焼入れとは

高周波焼入れとは、高周波誘導電流を利用して鋼材の表面だけを急速に熱し、急速に冷やすことで表面を硬化させる金属処理のことです。

耐疲労度と耐摩耗性に優れ、歯車やシャフト、平板などの機械部品の焼入れに適しています。
表面だけの加工、一部分だけの加工が可能なので、部品の変寸や変形のリスクを最小限に抑えられることが特徴です。また、表面もきれいに仕上がり、部品の品質も安定します。

高周波焼入れで硬化する仕組みは、金属に銅線のコイルを巻きつけて電流を流すと、磁力と同時に過電流が発生します。焼入れを行う金属は電気抵抗があるので、その時に熱が発生します。この熱で焼入れを行います。
そのまま熱を発生させておくと金属の粘り強さが低下してしまうので、急速に冷やす、つまり焼き戻しをするのです。

メリットは交流の周波数を調整するだけで良いので、焼入れの深さの調整が簡単で、さらに短時間で処理ができることです。
デメリットは、大きな素材の加工がしにくいことと、複雑な形状の部品は電流が一定にならないので難しいことです。

コイルの形を変えたり、 流れる電流を調整する事で、様々な可能性の広がる技術です。

 

 

詳しくは、焼入れページをご確認下さい。

 

TOPページに戻る

DSCF0131_1

浸炭焼入れ コスト削減提案事例

本日は、コスト削減ページでもご紹介している

浸炭焼入れの事例をご紹介致します。

 

■お客様が求める要件

工程短縮による、短納期・コスト削減のご相談

 

VA提案(コスト削減提案内容)

図面をよく見て、コスト削減ポイントを探したところ研磨工程を省き浸炭焼入れにて
終わらせるという工程を提案。弊社では浸炭焼入れのみで、ご要望を叶える事が出来ました。

 

提案による効果・削減できたポイント

浸炭焼入れで工夫し歪まないように処理を行い、Φ19±0.01、Φ17±0.02の公差内寸法に収め、研磨加工の
工程を省き当初のお見積より、40%のコストダウンに繋がりました。

 

va201606271-240x175

 

新羽金属では、40年以上の実績で

コストに悩むお客様のご相談も大歓迎です。

 

今回ご紹介した案件以外にも、コスト削減に向けてページにて

ご紹介しております。

ぜひご参考にして下さい。

 

お問い合わせはお気軽に

 

TOPページに戻る

 

ソルト焼入れとは

通常の焼入れは電気炉やガス炉で行いますが、母材の大きさなどにより内部に熱勾配が生じると歪みが発生し、交差寸法にズレが発生します。一方で、ソルト焼入れでは金属を塩浴剤に漬けて熱処理を行うことで、空気による酸化を防いで酸化皮膜を最小に抑えたり、製品全体に均一に熱処理を行うことができるので同時に多数の製品を加工することができます。

ソルト焼入れの特徴には、浸食作用がないことから製品の表面保護が出来ることや、熱処理塩浴剤に浸漬された製品にたいして塩分が電磁撹拌を受けて流動することから、製品全体を均一に熱処理できることはもちろん、局部的に加熱を施すことができるなどが挙げられます。

また、空気よりも熱の伝達が大きいとされる塩の特性から、急速な加熱や冷却が可能です。液化した塩浴剤に浸漬することで製品に適度な浮力を与えて製品を浮かびあがらせることなく熱処理が可能です。そのため、加熱による変形なども少なく、真空炉では得られない理想的な熱処理ができることから、割れや欠けの起こりやすい高負荷工具などに使用される焼入れ方法です。

 

 

詳しくは焼入れページをご確認下さい。

 

TOPページに戻る

DSC_1084

Page 1 of 212