ブログ

  • TOP
  • ブログ

焼入れ温度・・・材質

弊社の焼入れは大きく分けて

◆ソルト焼入れ(SK、SKS、SCM、S45C、SUJ2,etc)

◆真空焼入れ(SKD11、SKD61、SUS420J2、SUS440C、,etc)

があります。

古くからやっている加工屋さんでも焼入れは詳しくないのが現状です。

焼入れは指定硬度だけを考えれば単純な気もしますが、曲がりや変寸、どんな場所にどのように使うか?後加工や前処理などなど・・・

 

たくさんの事情がありわかればわかるほどコストダウンにもなります。

 

いつもアオラレル焼入れ屋、なにかが起きれば焼入れ屋・・・

 

皆さん焼入れ、熱処理を勉強しましょう?

 

 

 

焼入れプラス曲がり

今回は真空焼き入れで材質がSKD11、幅70㎜、長さ1029L、高さ60mmのベンダーに使う型の焼入れでの出来事です。

恐らく曲がるだろうということで数本真空焼入れに・・・

弊社では焼入れ後にプレステンパーで曲がりを0.2㎜以内に抑えますが、焼入れ後厚み方向1.5㎜、幅方向1.5㎜以上の曲がりがでました。

 

厚み(片方)はプレステンパーで直りますが巾方向の曲がりが残ります。

今回のこう言った両方向の曲がりをおさえたい場合は加工前に一度用途も含め相談頂きたい案件です。

 

弊社では材料選定も含め精一杯の知恵と経験でコストダウンも含めてご提案致します。

 

SKD11 HRC58-60 ⇒プレス機で押すと割れる恐れが十分にあります。

 

焼入れは単純なようで難しい・・・・