翻訳
  • 中国
  • アメリカ
  • 韓国
  • 日本
お問い合わせ

Blog
金属ブログ

  • TOP
  • 金属ブログ
  • ソルト焼入れとは

ソルト焼入れ

2016.09.01

ソルト焼入れとは

通常の焼入れは電気炉やガス炉で行いますが、母材の大きさなどにより内部に熱勾配が生じると歪みが発生し、交差寸法にズレが発生します。一方で、ソルト焼入れでは金属を塩浴剤に漬けて熱処理を行うことで、空気による酸化を防いで酸化皮膜を最小に抑えたり、製品全体に均一に熱処理を行うことができるので同時に多数の製品を加工することができます。

ソルト焼入れの特徴には、浸食作用がないことから製品の表面保護が出来ることや、熱処理塩浴剤に浸漬された製品にたいして塩分が電磁撹拌を受けて流動することから、製品全体を均一に熱処理できることはもちろん、局部的に加熱を施すことができるなどが挙げられます。

また、空気よりも熱の伝達が大きいとされる塩の特性から、急速な加熱や冷却が可能です。液化した塩浴剤に浸漬することで製品に適度な浮力を与えて製品を浮かびあがらせることなく熱処理が可能です。そのため、加熱による変形なども少なく、真空炉では得られない理想的な熱処理ができることから、割れや欠けの起こりやすい高負荷工具などに使用される焼入れ方法です。

 

 

詳しくはソルト焼入れページをご確認下さい。

 

TOPページに戻る

DSC_1084