翻訳
  • 中国
  • アメリカ
  • 韓国
  • 日本
お問い合わせ

COMPANY INFORMATION
会社案内

  • TOP
  • 会社案内

代表挨拶
Top message

″総合熱処理のスペシャリストとしてー″

「お客様からの依頼や相談に、『できない』とは言いません」
新羽金属工業は、自社で出来ない加工部分を任せられる、他社とのネットワークを大切にしています。そのネットワークを活かし、熱処理加工の 前後の作業までをお客様からトータルで請け負える「総合熱処理加工」を強みにし。また、小ロット&多品種に対応できる小回りの良さも生かし お客様は日本全国、約500社に上ります。 月間でも常に200〜300社の仕事を動かしています。
日頃よりお客様から褒められる為に社員一同精一杯取り組んでいます。褒められるとは、褒めてくれる人を幸せにしたこと。良いモノをつくり、お客さまを幸せにして、褒めてもらう。それはつまり、社会に役立っていると言う事、自分のため、自社のためではなく、社会のためになりたくて、私も社員も存在します。
金属熱処理は、モノの寿命に関わる仕事です。モノに命を吹き込む作業です。本来は5年持つ製品が、熱処理の良し悪しで寿命が1年になってしまうこともあります。
だからこそ我々は真剣勝負です。

代表取締役 森田 晋

代表取締役森田 晋

主な団体歴
Group history

  • 平成27年4月1日

    神奈川県金属熱処理工業協同組合
    理事長就任

  • 平成27年4月1日

    一般社団法人横浜北工業会 理事就任

  • 平成27年4月1日

    日本熱処理工業会 理事就任

  • 平成27年4月1日

    社団法人 横浜市工業会連合会横浜青年経営者会 会長就任

  • 平成26年4月1日

    東部金属熱処理協同組合 理事就任

  • 平成26年4月1日

    新横浜テクノヒルズ協同組合 理事就任

会社概要
Company information

  • 会社名

    新羽金属工業株式会社

  • 所在地

    〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町964-18

  • TEL

    045-543-2813

  • FAX

    045-543-2278

  • 代表者

    森田 晋

  • 従業員数

    20名(金属熱処理特級技能士2名、一級技能士5名、二級技能士2名、三級技能士3名)

  • 資本金

    2,000万円

  • 設立

    1973年9月

  • 業務内容

    総合熱処理加工サービス

  • 事業品目

    • 精密部品
    • 金型・工具・その他一般部品の塩浴による無酸化熱処理
    • 熱処理
    • 塩浴浸炭・真空熱処理
    • 真空浸炭焼入
    • 高周波焼入
    • 窒化処理
    • ボンデ被膜処理など
  • 取引銀行

    • 三井住友銀行新横浜支店
    • りそな銀行新横浜支店
    • 川崎信用金庫新羽支店
    • 横浜信用金庫市場支店
  • 主要取引先

    • 日本精工株式会社
    • オリンパス株式会社
    • THK株式会社
    • ミネベア株式会社
    • デュポン株式会社
    • アマノ株式会社
    • 京浜発條株式会社
    • ほか500社余り
  • 社会貢献

    エコキャップ推進協会による世界の子供にワクチンを提供する活動

  • 品質管理

    • ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得
    • クボタ社熱処理工場認定
    • NSKワーナー社熱処理工場認定

アクセス

主要設備
Main equipment

どんな熱処理にも対応できるように各設備を取り揃えております。

熱処理加工

真空炉
  • 有効

    : 650×550×980

  • 所有数

    : 2基(I.H.I製・サンテック製)
    1号機 高温炉…500~1200℃
    2号機 低温炉…150~1200℃

  • 各種工程

    : 150℃~1200℃

ニーズによって高・低温は使い分けが出来ます。

真空炉
真空浸炭炉
  • 有効

    : 600×600×1200

  • 所有数

    : 1基(I.H.I製・日本ヘイズ製)

  • 各種工程

    : 500~1100℃

真空浸炭炉
真空脱脂洗浄機
  • 有効

    : 600×600×1200

  • 所有数

    : 1基(I.H.I製・日本ヘイズ製)

鉱物性油脂を、有機溶剤を使用せずに除去することが出来ます。弊社では、このように環境問題に率先して取り組んでおります。

真空脱脂洗浄機
無酸化焼戻し炉
  • 有効

    : 650×650×1200

  • 所有数

    : 2基(Gasdenro製)

  • 各種工程

    : 150~600℃

無酸化焼戻し炉
ピット型ガス窒化炉
  • 有効

    : Φ600×600

  • 所有数

    : 1基(矢作設備工業製)

  • 各種工程

    : 常温~650℃

ピット型ガス窒化炉
高周波焼入れ装置
  • 有効

    : ストローク1200m/m

  • 所有数

    : 1基

高周波焼入れ装置
ソルト焼入れ装置一式
  • 有効

    : 最大Φ550×850

  • 所有数

    : 加熱1号炉φ550×850=1基
    加熱2号炉φ350×6001基
    焼戻し炉φ550×800=1基
    焼入れ炉(マルクエンチ)

  • 各種工程

    : 加熱1100℃

一番古い焼入れ方法ですが、液体の中で浮力があるので変形が少ないです。

ソルト焼入れ装置一式
電気炉
  • 有効

    : 600×600×1200

  • 所有数

    : 3基 1号機 2号機 3号機

  • 各種工程

    : 最大750℃

焼戻し、焼鈍など

電気炉
ホーニング
  • 有効

    : 50×50×50

  • 所有数

    : 1基

焼入れ後の色むらなども綺麗に仕上がります。

ホーニング

後処理・試験機

サブゼロ装置
  • 有効

    : 600×400×800

  • 所有数

    : 1基

  • 各種工程

    : -150~-10℃

超サブゼロ-195℃可能

サブゼロ装置
ショットブラスト
  • 有効

    : Φ800×500

  • 所有数

    : 1基

  • 各種工程

    : WPC処理(ブラスト硬化)

焼入れ後のムラやスケールなども落とせます。

ショットブラスト
ショットブラスト タンブラー式
  • 有効

    : 600×φ300

  • 所有数

    : 1基

量産品など数量の多い製品を1度に挿入できます。

ショットブラスト タンブラー式
水冷カッター
  • 有効

    : 300L×100×100

  • 所有数

    : 1基

硬化された材料を水で冷却しながら切断することにより硬度が下がりません。

水冷カッター
ロックウェル硬さ試験機(HRC)

一般使用する硬さ試験機で、ダイヤモンドの圧子を60kg.(Aスケール)、100kg.(Bスケール)、150kg.(Cスケール)のいずれかの荷重をかけ、その反発力をメモリ数値に表す方式です。よって硬い物ほど反発し大きな数値となります。Cスケールが多く利用され、理由は荷重が重く表面影響も少なく、内部硬度を知る事が可能だからです。

ロックウェル硬さ試験機(HRC)
ビッカース硬さ試験機(HV)

四角すいのダイヤモンド圧子を試験片に10g~1kgという軽荷重をかけ試験片の表面にダイヤモンドの圧痕を付けます。その圧痕の大きさを顕微鏡測定し、硬さを調べます。よってこの試験機はごく表面の硬さを調べる時に使用する硬さ試験機となります。

ビッカース硬さ試験機(HV)
ショア硬さ試験機(HS)

先端に剛球付のおもり棒が上部から放たれ落下し、試験片にあたりその反動がメモリ数値に表れます。よって硬いものほど反発量が多くなるわけです。この硬さ試験機は手に持って検査が出来るので大きな製品の硬度測定に適しています。

ショア硬さ試験機(HS)
マイクロスコープ(組織観察機)

超高精細デジタルマイクロスコープです。「観る・録る・測る」のすべてが1台に集約されており、マイクロスコープとして拡大観察や測定はもちろんのこと、モノの動きを定量化することで「製造現場のトラブル」を多角的におこなうことが可能となります。

マイクロスコープ(組織観察機)